表現の不自由展ではなく、表現が不自由展だった件。

f:id:michi-sasayaka:20190804075741j:image

メディアアクティビストの津田大介氏が愛知で開催した、表現の不自由展。

 

戦後最大の検閲だとか、騒いで引っ込めてしまうのは非常に情けない。

イデオロギーにまみれた作品だろうと、どんなに脅迫をされようと問題提起をするという決意を持ってやり抜くべきだったのである。

批判が想定される中で、想定外になったら展示をやめますなんていうのは、表現の不自由ではなく。腹案を提示できない津田大介氏の表現が不自由なのだ。

 

日本の表現の自由が侵された、検閲だとしみったれた会見をするのではなく

断固としてやり抜く意思が必要だったのではないだろうか。

 

腰抜けのリベラルでは、日本人の価値観を変えることはできない。

親が社会主義活動家のサラブレッドのくせに本当に情けない。

 

これだから日本のリベラルは新興宗教じみた内向きの気持ち悪さを呈して行くのだと思う。

まったく嘆かわしい。

 

津田氏にはしっかりと自己批判をしてもらいたいものである。

反知性主義の時代

N国党の躍進や、れいわの2議席獲得。

戦争で取り返す発言をしてもなお悪びれない丸山穂高のN国合流。

 

f:id:michi-sasayaka:20190730065533j:image

丸山よ、ド派手に生き残れ!!

 

支持してる面々や、上に立つ人を含めて珍妙な雰囲気があって受け入れられない。

NHKをぶっ壊す、路上不倫カーセックスを連呼して行われたN国の選挙運動。

シングルイシューを掲げる政党だということはわかるものの、NHKスクランブル化する事で将来の公共放送のあり方についてはどう考えているのか。

インフラとしての放送の役割を本当に考えているのか疑問が残る。

 

れいわにおいても、重度の障害を持った2人の議員を特定枠で送り込んだ。

政治家は体力の負担が大きい仕事である。国民の負託に応えなければいけない立場の人間を重度の障害を持つ人が果たして全う出来るのか。

本来は党首である山本が、そういった障害を持つ人々の声を代弁していくのが正常なのではないだろうか。

議員になられたお二方、確かに志は素晴らしいとは思う。しかし彼、彼女が本当にすべきことはロビイングであり自らが政治の場に立つ必要があったのか私にはわからない。

 

確かに、福祉やバリアフリー環境の構築は大切だ。しかしそれは国の問題の一部分にしか過ぎない。多くの意見を吸い取り、代わりに議論するという代議士としての資質がわたしには見えない。

 

これら議員が世に出るのはやはり、我々国民のモラルや考え方に依るところが多い。

インターネットで情報に触れられるようになった分、飽和した情報の中からよりわかりやすい話に飛びつきやすい風土が出来上がっている。

選挙戦も国会ですらエンターテイメントとして消費されやすい世の中になってしまったのだと思う。

 

今後もとんでも政党やとんでも議員は一定数の支持を得ることになる。

いかにして被害を極限するか。包括的に問題を考えられる人間を多く国会に送り出すにはどうすればいいのか、良識のある人たちがしっかり考えていかないと感情とわかりやすさが支配する反知性主義の世の中に本当になってしまうと思う。

寛容になるために必要なこと

山内昌之著 民族と国家を読んでいて思ったのですが、

イスラムの寛容はイスラムが優位だった時に生じる。

…というのは別にイスラムに限ったことではないなと思ったのです。

 

自分が相手より優位だと思えていなければ寛容にはならないのではないでしょうか。

相手の方が優位であれば、それは我慢して受け入れるものになります。

 

不寛容な時代というのは、どこか劣等感をみんなが抱えていて殺伐としているのが原因なのかなと思うのです。

イラっとしたことでも、相手より自分の方が優れている点を挙げてセルフマウントしていくことで衝動を抑えて寛容になれるのかなとわたしは思います。

前向き駐車って、どっち向き?

f:id:michi-sasayaka:20190618204306p:image

 

パーキングに入る時

「前向駐車」

「前進駐車」

って書いてあることがありますよね。

 

これ、乗る時に前を向いて乗れるように

すぐに前進できるように

バックで止めなさいよ!

って意味だと思う人!!

 

はーーい!

 

って方はわたしの仲間ですね(笑)

 

今日、フロントガラスに張り紙がされていてやっと気付きました(T ^ T)

これ、駐車スペースにバックで入れるなってことなんですって!

 

日本語ムツカシイネ。

 

僕はお母さんに、玄関で靴を脱ぐ時は前向きに揃えなさいよ!って怒られてた人なので

自動車も同じように、律儀にバックで止めていたんです(^◇^;)

逆やないかーい。

 

前向き駐車の理由は駐車スペースの反対側がお家だったりして排ガスがお家に入るのを防ぐ為なのだそう。

そうとは知らずに、せっせとバックで止めていたわたしってほんとに迷惑な人だったんだろうな。

 

これに懲りて自動車免許を返納しようかと思います!

駆け込み乗車する人を応援するアプリが欲しい!

f:id:michi-sasayaka:20190611204037p:plain

朝の電車、発車チャイムが鳴り終わったにも関わらず電車に駆け寄ってきて手を挟み込むおじさん。

車掌さんにドアを開けてもらってもムスッとして乗車している。

そういう周りを巻き込んでも悪びれもせずにふんぞり返っている態度が気に入らなくって朝からイラッと来てしまったのです。

…だって、この人のために何百人ってひとの時間が奪われているんですよ。

厚顔無恥とはまさにこのことだと思います。同じ日本人として許せません。

 

一体どういう人となりはどんな環境で生まれるのか、こういう人を見るたびに親の顔や家族の顔が見てみたくなりますよね。

でもその人は実は本当に急いでいるのかもしれない。我々の時間を致し方なく奪わなければならないほどの崇高な使命を帯びて電車に乗っているのかもしれません。

いや、そうでもないと私は駆け込み乗車しないと思うんですよね。

 

だから我々は、駆け込み乗車を糾弾し白い目で見守るのではなく、むしろ温かい目で応援してあげる必要があるんじゃないかなって思うんです。

例えば、駆け込み乗車する人支援サイトみたいなものを立ち上げるなんてどうでしょうか。

駆け込み乗車してきた人の顔写真と、時間、路線名、何両目のドアだったかをみんなで共有したらその人が電車に乗ろうとしたときに

「あっ、止まるな」ってあきらめることができるし

もう少し勇気のある人だったら駅員さんに

「ちょっと待って、あの人乗るからどうせ止まるよ」

って教えてあげることもできますよね。

 

自分がよく使う駅と時間帯を登録できたり、GPS連動しておいてその時間に現れる駆け込み乗車する人を教えてくれるサービスにできたら便利ですよね!

無用なトラブルも避けられてみんな安心!

 

常習の人であれば履歴を結びつけ管理することで通勤経路を知ることができます。

そしたら、自宅から会社まで快適な通勤をサポートしてあげることもできるわけです。

 

いまのご時世、フェイスブックツイッターもありますし本人がやっていなくても知り合いの写真に写っていればどういった人なのかもわかりますし、俄然応援し甲斐が出てくるのではないでしょうか。

 

あ、株式会社〇〇の▲▲さんだ、今日は時間通り間に合ったから駆け込みしなくてよかったんだねおめでとう!!みたいな感じで応援することができるわけです。

 

駆け込み乗車する人は電車に乗れて、アプリを使う我々はその人のために貢献してあげることができる。思いやりに満ち溢れたサービスになると思うんですけど

だれかサービス立ち上げてくれませんかね。

 

サービス名は駆け込み乗車支援SNS のれーる なんてどうですかね

通信インフラは自国の技術が安心

f:id:michi-sasayaka:20190531065035j:image

いよいよ、5Gの時代が来ますね。

最近騒がしいファーウェイの問題。通信の基幹となる技術を日本企業などと共同開発しています。

 

ファーウェイの問題だけでなく米中貿易摩擦などがあり米中関係は悪化の一途をたどっています。

こういう事象が起きた場合にアメリカの無線通信の基幹技術を中国が持っていたらどうなるでしょうか。

盗聴や解析を行われることはたやすく考えられます(もっとも、どこの国でもやらないという保証はありませんが)

さらに深刻化すると、システム障害を意図的に起こし国民生活を圧迫するなどということも当然考えられるのです。

 

我々の生活にはもはやスマホが無くてはならないですね。それだけでなく、電子決済システムや交通機関ライフラインにも影響が出る可能性だってあります。

 

サイバー空間の脅威は、確実に高まっている。

日本の企業にももっと頑張ってほしいですね。